陶芸作品に釉薬を掛けて仕上げました

先週鯉のぼりの模様を描いて、今日は吹き流しと器やコップを仕上げて、釉薬を掛けます。
まず、吹き流しに色分けしてみます

桃色、びわ、黄色、紺青の4色を使い吹き流しを作ってみました

画像


画像


画像


これで鯉のぼりは一段落

孫のために作った器は、底面や口元にヤスリをかけて滑らかに仕上げてから可愛い模様の転写シールを施し、名前も描いてみました

画像


画像


つぎは自分のヨーグルトを食べるための器です
全体にヤスリをかけて滑らかに仕上げて可愛い模様を内側に、周りに帯状の転写シールで仕上げました

画像


仕上がったものは透明釉薬を掛けます。
特に自分用のコップは取っ手が不安だったので釉薬を十分染み込ませるようにして掛けました。

画像


釉薬を掛けて本焼きをお願いに出しました

画像


出来上がりが楽しみです

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック