陶芸 素焼き具合などを確認

陶芸をしばらくお休みしていました
前に作っていた作品がどうなっているか心配でしたが、今日やっと時間が出来て見に行くことが出来ました

丁度今日は陶芸の先生の指導の日で「中くらいの壺を手び練りで作る」指導でした

自分の作品は、お茶碗2個
素焼きが終わっていました

画像


内側の白化粧のはがれずにうまくいっているようです

内側に転写シールで模様を付けました

画像


これだけでは輪郭だけなので色を付けてみたいと思います

画像


本焼きに出すために内側に透明釉 外側に光沢のあるキセト釉薬処理をしました
内側にキセト釉薬が染みて回り込んでいます。これが模様に影響していないといいのですが
ちょっと嫌な予感もしています

画像


これで本焼きをお願いしました

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック